素敵な写真は、出張撮影を東京で頼んだそうです

2014/10/26

東京に住む友達から誘われ、2泊ほどお邪魔してきました。その友達家族は転勤族で、私が住んでいる街には3年ほど前までいたんですよね。親子ともにすごく気が合って仲良くなったから、別れの悲しさは半年ほど引きずったくらい。辛かったですね。でもありがたいことに縁は続き、住む場所が離れた今も仲良くしてもらってるんです。

友達の家は可愛らしいアパートでした。まあ友達は「狭くてイヤになっちゃう。それなのに家賃だけは高いのよ!」と愚痴っていました。私の街にいる時から「一戸建てが欲しい」と言い続けていたんですよね。東京の一戸建て・・いくらかかるのか想像もつきません。

色んな話をしながら、子供ちゃんの七五三の時の写真を見せてくれました。それがものすごく素敵なんです!うちの子供はスタジオで撮ったんですが、友達のところのは郊外、それも何箇所にも渡って撮影されていたんですよね。「どうやって撮ったの?」と聞くと「出張撮影。東京の色んなところに行って撮ったのよ」と教えてくれました。

なるほど。道理で画質もタイミングもバッチリなわけだ!子供の最高の瞬間を引き出しているし、さすがプロって感じなんですよね。「うちも今度は出張撮影でいこうかな」と思うくらい。

友達家族ですが、今度はさらに北上して東北の方に転勤するかも、という噂があるそうです。ますます遠のいちゃうなあ・・。また寂しくなっちゃいますね。どこでもドアがあったら良いのに!

引っ越しの見積もりをとったときの話。

2014/09/25

今日は体験談を書いてみたいと思います。
前に引っ越しで見積もりをとるときに、ネットにある引っ越しの見積もり一括サイトを使ったんですよ。そのときのお話です。

まず、一括サイトで見積もりを取ると見積もりを取った会社からメールが送られてきます。そのメールの内容で、なんとなく会社の誠実さもわかるような気がしました。
その中でも引っ越しのアリさんは、なかなか誠意を感じる会社でしたね。私の地域は地方だったせいか、アリさんはまだ進出してなかったようで、支店がないけれど、その地域でお手伝いをしてくえる引っ越し業を探してみます!みたいなメールでした。まぁ、実際に探してくれてるのかは謎ですが、ウソでもそんなこといわれたら、客としては気持ちがいいですよね。結局のところ、業者はみつかりませんでした!でしたけども。
ある会社なんか、何を思ったのか朝の7時すぎにかけてきましたからね。電話を。
さすがにそれは早すぎだろ!と主人も怒ってましたけど、全然めげた感じがしませんでしたね。と、いうか7時台でコールセンターの人っておるの?とびっくりしました。やっぱりああいうのって、ノルマがあるんでしょうかね。

引っ越し 見積もり